知る 学ぶ 楽しむ
真珠王からのメッセージ 海女 パールミュージアムコレクション 入場料金 チケット情報 営業案内 アクセス 真珠島のパワースポット 島内マップ よくあるご質問 ホームに戻る
HOME > 知る > 御木本幸吉記念館

御木本幸吉記念館

御木本幸吉記念館1 御木本幸吉記念館2 御木本幸吉記念館3 御木本幸吉記念館4
  • 御木本幸吉記念館1
  • 御木本幸吉記念館2
  • 御木本幸吉記念館3
  • 御木本幸吉記念館4

 鳥羽のうどん屋「阿波幸」の長男に生まれ、96歳で没するまでの幸吉の波瀾に富んだ生涯と業績が、数多くの写真や実物、説明パネルによって、時代順に物語られています。生家「阿波幸」の復元、鳥羽に残る幸吉の足跡、当時の鳥羽の様子が一目でわかるジオラマなど、郷土との関わりも大きなテーマです。 愛用の日常品やコレクションなど、遺品の数々は、幸吉独特の人生哲学や暮らしぶりを伝えています。

館内案内図

御木本幸吉記念館 館内案内図
「阿波幸」復元

「阿波幸」復元

うめ夫人

うめ夫人
うめは、鳥羽藩の剣道師範・久米森造の長女。
17歳で幸吉に嫁ぐ。明るく高い教養を身につけた女性だった。家業をきりもりしながら幸吉の事業の良き理解者として陰の力となる。
うめ:元治元年~明治29年(1864~1896)

うめ夫人の手紙

うめ夫人の手紙
長旅の夫を偲び、思いの限りをしたためる。

矢立て

矢立て
幸吉は「商人の魂だ」と言って万年筆がわりに矢立てを愛用。どこへ行くときも常に腰にぶらさげていた。

恵比寿像

恵比寿像
幸吉は、海に生きる人間として、海に縁のある恵比寿像に深い関心を寄せていた。木彫122体の他、鋳造・陶造あわせて172体。

エジソンからの手紙

エジソンからの手紙

「真珠閣」からのながめ

「真珠閣」からのながめ
御木本幸吉が晩年を過ごした住まい。現在のミキモト多徳養殖場の高台にあり、眼下の養殖場を眺めることを日課としていた。

大将連

大将連
養殖真珠の中から10年以上の歳月をかけて幸吉が選んだ、49個の大珠真珠からなる秘蔵のネックレス。

幸吉の書「智・運・命」

幸吉の書「智・運・命」
人生で大切なものは「智」成功するには「運」それに「寿命」がそろって、大きな成功が得られる。幸吉は90歳になってから好んでこの三文字を書いた。

page top
  • 御木本幸吉記念館
  • 真珠博物館
  • 館長のページ